2017/06/03

【終了】オメガ系のオイル、積極的に摂りたいのはどれ?アイハーブ今週のセール情報(3月16日迄)。

アイハーブ全商品5%割引>>

今週の10~15%割引ブランドは以下。

10~15%割引ブランド割引>>

[PR]約1万点の人気インポートコスメが全品送料無料!最大86%OFF
最安値挑戦中/海外コスメ通販【ベルコスメ】

10%OFF_アイハーブ

太平洋標準時3月15日(水)午前10時(日本時間3月16日(木)午前2時)までのセールが更新されました。

上記の恒例セールとは別に国際女性デーセールも開催されます。こちらは平洋標準時3月13日(月)午前10時(日本時間3月14日(火)午前2時)に終了します。

オメガ 3-6-9 セール – 10%オフ。

ざっくりとオメガ系のオイルを整理しましょう。

積極的に摂りたい!不飽和脂肪酸オメガ3系。

体内で作りだすことのできない脂肪酸。そのため、食事から積極的に摂取する必要があります。

オメガ3系の脂肪酸はαリノレン酸を主とし、体内で代謝されEPA(エイコサペンタエン酸)・DHA(ドコサヘキサエン酸)になり、血中の中性脂肪を減らし、脳を活性化させ、がんを抑制するなど多くの健康効果を持つとされます。

現代人の食生活ではこのオメガ3系脂肪酸の摂取が減り、脂肪酸の摂取バランスが崩れていることが問題とされています。オメガ3系のオイルは特に子どもの発育や脳機能に影響があります。αリノレン酸を摂取することに寄り子どもの脳の潜在能力が発揮されることがわかっています。

オメガ3は近年、健康油として注目されているえごま油や亜麻仁油、インカインチオイルに多く含まれています。αリノレン酸を多く含むオイルは非常に繊細なため、要冷蔵保存・開封後1ヶ月以内に摂取と扱いに慎重さが求められます。

そのため保管と摂取が容易なサプリメントを考えるのも一つの手ですね。

【 オメガ3を多く含むオイル 】えごま油・亜麻仁油・インカインチオイル

アイハーブでは多くのオメガ3サプリメントが提供されています。

摂りすぎに注意!不飽和脂肪酸オメガ6系。

体内で作りだすことのできない脂肪酸。

オメガ6系は近年の食の欧米化の影響で現代人が摂りすぎている脂肪酸になり、摂りすぎると前述のオメガ3系の働きを妨げてしまう恐れがあります。

オメガ6系に含まれるリノール酸は子供の発育に欠かせない脂肪酸ですが、摂りすぎはよくありません。リノール酸は血中のコレステロール値を下げ、血圧を下げる効果があります。

しかし、リノール酸を摂りすぎると善玉コレステロールを減らす恐れがあるため、注意も必要です。オメガ6系は間食や食事などから気づかないうちに摂取していることが多いので、過剰摂取にならないように自分自身でコントロールしなければなりません。

【 オメガ6を多く含むオイル 】ごま油・コーン油・大豆油・グレープシードオイル・パンプキンシードオイル・麻の実油

よい油を選ぶことが大切!不飽和脂肪酸オメガ9系。

体内で作りだすことのできる脂肪酸。

オメガ9系に多く含まれるオレイン酸は不飽和脂肪酸の中で最も酸化しにくく、動脈硬化や心筋梗塞、高血圧などを予防します。さらにオレイン酸は腸のぜん動運動を高めて便秘を予防・改善してくれます。オレイン酸が多く含まれているオイルとして代表的なものはオリーブオイル。脂肪酸の70%は以上がオレイン酸を占めます。

また、年齢とともに減少するパルミトレイン酸も含まれ、摂取することにより皮脂の分泌を促し、皮膚を再生する働きがあるため、老化予防に効果があるとされています。

オメガ9系のオイルは多くの脂に含まれており、比較的摂取しやすいオイルです。個人的にはサプリメントで採るまでもなく、お好みのオイルを見つけて摂取するといいかな、と考えています。参考までに申し上げますと、わが家は料理にオリーブオイルをメインで使いますね。

【 オメガ9を多く含むオイル 】オリーブオイル・アボカドオイル・アーモンドオイル・米油・ひまわり油・キャノーラ油

現代の生活で不足することが少ないオメガ6と9単独のサプリメントは少なく、オメガ3・6・9のバランスを提案する形が多いですね。

オメガ3、6、9。

美容と健康のために最も積極的に摂るべきサプリメントはオメガ3です。

ピュアなオイルで摂取するのも一つの手ですが、独特の風味がありますので苦手な方も多いのでは。是非、お手軽にサプリメントを。また、入手されたオメガ3系のサプリメントは品質維持のために冷蔵庫保存をしましょうね!

オメガ 3-6-9 セール – 10%オフ

国際女性デーセール10%オフ。

unwoman_国際女性デー

出典:http://japan.unwomen.org/ja

3月8日は国際女性デー。

ニュースとかで聞きますが、詳細ははっきりと把握しておらず(^^;

UN Woman日本事務所 によりますと以下のように書かれています。

国連は、1975年の国際婦人年において、3月8日を国際女性デー(IWD)として定めました。そして2年後の1977年12月、国連総会は、加盟国がそれぞれの歴史と伝統に応じて、1年のうち1日を女性の権利及び国際平和のための国連の日と宣言できる決議を採択しました。

尚、2017年度のテーマは「Women in the Changing World of Work: Planet 50:50 by 2030(変化する仕事の世界における女性たち:2030年までにプラネット50:50を実現しよう)」

非常にざっくりと表現になりますが、働く女性を増やそう、経済的自立を手にしよう、女性が働きやすい環境を作ろう、ということだろうと認識しています。

管理人も30代の半ばまで正社員&派遣社員として複数の会社を渡り歩きました。

その中で女性に働きやすい職場、女性が働きにくい職場、女性の能力を最大限に生かす職場、女性は男性のアシスタント的な立ち位置を求める職場、女性の管理職がほぼ皆無の職場などいろいろあることを実感しました。

現在はフリーランスとして活動しておりますが、その中でも男女差を感じることがあります。女性ならではのデメリットも感じる一方、女性ならではのメリットも多く感じております。ささやかながら、管理人も少しでも女性が働きやすい環境を目指していきたいな、と思いました。

そんなことを思いめぐらせる機会になりました!

国際女性デーセール – 10%オフ

オススメは 韓国コスメ女性向けのマルチビタミン

セールまとめ。

上記で紹介しました2つ以外のセールもあります。気になるものがありましたらチェックを!

個人的にはアンチエイジングコスメが気になるけれど、見ないようにしております(笑)なので、記事でも触れません~汗

太平洋標準時3月15日(水)午前10時(日本時間3月16日(木)午前2時)まで。

平洋標準時3月13日(月)午前10時(日本時間3月14日(火)午前2時)まで。

ランキングに参戦しました♪にほんブログ村 美容ブログ iHerb生活へ

初めての人は5ドル(約550円)+5%OFFで買い物。

5ドル+5%OFF>> 

「TKR837」による5%割引が適用されます。

誰でも全商品5%割引>>

※アプリの場合は以下をコピー&ペーストしてね♪
誰でも5%割引 ⇒  TKR837
初めての人5ドル割引 ⇒ WELCOME5